当サイトはプロモーションを含みます

ファッション

ドラム式洗濯機はやめとけって本当?デメリットしかない?二度と買わないと思った理由や縦型とドラム式のどっちが人気?

ドラム式洗濯機はやめとけって本当?についてですが

悪い口コミも多いですが、洗浄力も上がっており値段も下がってきているので

ドラム式も人気があると言えます。

 

こちらの記事では…

ドラム式洗濯機はやめとけって本当?についてや

メリットとデメリットについてや

ドラム式洗濯機二度と買わないと思った理由と

洗濯機は縦型とドラム式のどっちが人気?についてや

ドラム式洗濯機買ってよかった!おすすめのメーカーや

ドラム式洗濯機普及しない理由についてもご紹介しています。

 

縦型はアイリスオーヤマが人気!

口コミ数が多数ですお手頃のなお値段で購入可能▼

 

ドラム式洗濯機はやめとけって本当?高い?最悪?デメリットしかない?

ドラム式洗濯機についてですが

多くの方が「ドラム式洗濯機をやめとけ」と言うのには、実際に縦型からドラム式に切り替えた後の後悔の声が理由の一つです。ドラム式洗濯機には、洗浄力が弱いと感じる人もいれば、値段が高く、メンテナンスが面倒だと感じる方もいます。しかし、これらのデメリットは購入前に十分にリサーチすれば避けられる問題です。

良い口コミ

  • ドラム式洗濯機は節水効果があり、きちんと洗濯ができる。
  • 衣類乾燥機能が優れており、特に乾燥機が必要な環境で重宝される。
  • 異臭に関する問題は、設定や使い方によって解決可能。
  • 節水機能により、少ない水で洗濯することができ、電気代の節約につながる。
  • 販売数が多く、市場での需要がある。

 

私自身、ドラム式洗濯機を使ってみた感想は、干す手間がなく、洗濯が楽になる点が大きなメリットです。特に、最新機種では洗剤の自動投入機能があり、洗剤の過剰使用による故障を防げるのも魅力的です。個人的には、ドラム式洗濯機の使用に満足しています。

ドラム式洗濯機の具体的なメリットには、節水効果が挙げられます。縦型洗濯機の半分以下の水量で洗濯が可能で、水道代の節約にもつながります。また、衣類の絡みつきが少なく、衣類の傷みを軽減できる点も利点です。さらに、乾燥機能が付いているため、洗濯物を干す手間がなく、忙しい方にとっては大きな助けになります。

高すぎ?最悪?悪い口コミ

  • 汚れ落ちが縦型洗濯機に比べて劣るとの意見がある。
  • 洗濯物に異臭がつきやすく、臭い移りすることがある。
  • 乾燥機能を使用すると電気代が高くなる。
  • 高価であるため、購入には慎重な判断が必要。
  • 大型で設置場所に注意が必要。

デメリットとしては、価格が高めであること、本体のサイズが大きいため設置場所に注意が必要であること、洗浄力が縦型に比べて弱いと感じることが挙げられます。

洗剤の自動投入ですが、便利で初めは楽だと使用していましたが詰まりやすくせっかく洗濯したのに洗剤が入っていないことがあり、使用しなくなりました。お手入れがとても面倒です。

しかし、最近のドラム式洗濯機は洗浄力の向上が見られます。温水洗浄機能付きや、洗剤自動投入機能が搭載され、洗剤の適量使用が可能になり、さらにドラム式専用洗剤の使用により、洗浄力の問題も緩和されています。お手入れについても、フィルターの掃除など定期的なメンテナンスが必要ですが、最新機種ではメンテナンスの手間が少なくなっています。

値段も確かに高いですが、洗えるキロ数が多くなると、縦型よりはドラム式の方が、手に入りやすい価格なので購入する方も多いのが現状です。

ドラム式洗濯機が評判が悪いわけではなく、どちらかと言えば、使用者のニーズや使い方によって評価が変わるというのが実情です。欧米ではたたき洗いスタイルが主流であり、日本のようなもみ洗いスタイルとは異なります。縦型洗濯機とは異なる特性を理解した上で、自分のライフスタイルに合った洗濯機を選ぶことが大切です。

 

しっかり脱水で、部屋干し時間を短縮できる全自動洗濯機が人気▼

 

ドラム式洗濯機二度と買わないと思った理由は?

ドラム式洗濯機を使ってみて、私が二度と買わないと決めた理由はいくつかあります。初めはドラム式洗濯機の水の節約能力、充実した乾燥機能、そしてスタイリッシュな見た目に魅力を感じて購入しました。しかし、実際に使用してみると、さまざまな問題が明らかになりました。

まず、故障が頻発し、修理費がかなり高額になることがありました。特に出張修理は非常にコストがかかります。機械が複雑であるほど、壊れた際の修理費は高くつくのが一般的です。さらに、ドラム式洗濯機には排水フィルターと乾燥フィルターの2種類があり、これらを定期的に掃除しないと故障の原因になることもあります。乾燥フィルターには特に注意が必要で、毎回の乾燥後に掃除する必要があり、これがかなり面倒な作業です。

また、少ない水量で洗濯することがドラム式洗濯機の特徴ですが、これが白い衣類の色移りや黒ずみの原因になることもあります。衣類によっては洗剤や柔軟剤の量を調整する必要があり、まとめ洗いする際には臭いが移ることもあります。さらに、ドラム式洗濯機特有の「たたき洗い」により、外干しした際にタオルや衣類がゴワゴワになることもあります。これを解消するためには乾燥機を使用するか、水量を多くして洗う、または干す前に衣類をよく振ることが必要です。

加えて、ドラム式洗濯機は腰をかがめて洗濯物を取る必要があり、これが非常に大変でした。小さな洗濯物がドラム式洗濯機の入口の隙間に落ちることもあり、腰をかがめる度にストレスを感じました。また、重量が約80kgと重く、設置場所にも制限があります。これらの点から、私は次回は縦型洗濯機を購入することにしました。同じような悩みを持っている方が多いことも、この決断に影響しました。

 

洗濯機は縦型とドラム式のどっちが人気?

縦型とドラム式はどっちが人気かについてですが

お値段もお手頃で

種類も多く用途によって選ぶこともできるのでドラム式が人気です。

 

洗濯機の選び方について、縦型とドラム式の洗濯機、それぞれどんな方におすすめかをご紹介します。

まず縦型洗濯機ですが、これは以下のような方に向いています。

  • たっぷりの水でしっかり洗いたい方
  • 泥汚れなどの頑固な汚れが多い方
  • 限られたスペースに設置する必要がある方
  • 乾燥機能は使用せず、外での干しを好む方
  • コストパフォーマンスを重視する方

一方でドラム式洗濯機は、以下のような方におすすめです。

  • 洗濯物を干す手間を省きたい方
  • 外干しが難しい環境に住む方
  • 節水性の高い洗濯機を求める方
  • 衣類を傷めたくない方
  • ドラム式のデザインが好きな方

ドラム式洗濯機は、衣類へのダメージが少なく、乾燥機能付きの機種が豊富で、維持費を抑えることができます。ファッションにこだわる方やデリケートな素材の衣類を多く持つ方、乾燥機能を頻繁に使用する方には特におすすめです。花粉症の方にも便利です。

一方、縦型洗濯機は、洗浄力の高さを重視する方や初期費用を抑えたい方、小さめの洗濯機を探している方に適しています。子供がいる家庭や、頑固な汚れが多い家庭では縦型の方が有利です。

後悔しないための洗濯機選びでは、容量や設置場所、洗浄機能、乾燥機能などを考慮することが大切です。家族の人数や洗濯頻度に応じて容量を選び、設置スペースの確認、必要な洗浄機能の選定、乾燥機能の種類など、自分のライフスタイルに合った洗濯機を選ぶことが大切です。

 

ドラム式洗濯機買ってよかった!このメーカーがおすすめ!

SHARPのドラム式洗濯乾燥機「ES-W114」は、そのコンパクトなサイズと機能性の高さで、私たちの家庭にぴったりの選択でした。この機種は縦1115mm、横640mm、奥行727mmのサイズで、私たちのアパートにもすんなりと収まり、見た目もスタイリッシュです。

この洗濯乾燥機の最大の魅力は、洗剤と柔軟剤の自動投入機能です。洗濯物の量に合わせて必要な量を自動で投入してくれるため、毎回の計量の手間が省けます。また、液量が少なくなると、事前に知らせてくれるのも便利です。忙しい共働きの私たちにとって、この機能は大変ありがたいです。

また、このモデルには「おうち流」などのカスタマイズ可能なモードも搭載されており、AI学習を活用して自分好みの洗濯ができます。ただ、アプリの使い勝手については今後の改善を期待しています。

掃除の手間も少なく、乾燥フィルターは自動で掃除され、排水の埃も定期的に捨てるだけで済むので、忙しい日々の中でのメンテナンスも楽です。ただし、小さい物を乾燥させる時は乾きにくいことがあるため、注意が必要です。

電気代の面でもコストパフォーマンスが良く、このSHARPのドラム式洗濯乾燥機「ES-W114」は、今年購入して本当に良かった商品の一つです。

 

ドラム式洗濯機普及しない理由は?

ドラム式洗濯機の日本における普及率が低い理由を分かりやすくまとめますね。

まず、ドラム式洗濯機は価格が高く、約20万円程度と縦型洗濯機の約2倍の価格がします。縦型洗濯機の方が年間の水道代で7年間で約5万円高くなりますが、それでも総合的にはドラム式の方が高価です。

次に、日本では外干しの文化が強く、乾燥機の使用に対するニーズが低いです。加えて、乾燥機に入れられるアイテムが限られているため、多くの人が購入を躊躇います。

また、ドラム式洗濯機の洗浄力についても問題視されています。日本の「軟水×冷水」の洗濯環境では、縦型洗濯機の方が適していると言われています。ただし、最近のドラム式は性能が向上しており、洗浄力の差は減っています。

設置スペースの問題もあります。ドラム式は重く大きいため、特に古い住宅では設置スペースの不足や床の補強が必要な場合があります。

最後に、ドラム式はメンテナンスが煩雑で、特に乾燥フィルターの掃除は手間がかかります。また、埃が溜まりやすく、定期的なメンテナンスを怠ると故障のリスクが高まります。

これらの点を考慮すると、縦型洗濯機の方が日本の住環境や生活スタイルに適しているため、ドラム式の普及が進んでいないのです。

 

人気の縦型洗濯機はこちらです▼

 

 

© 2024 彩りボード Powered by AFFINGER5