当サイトはプロモーションを含みます

料理

はちみつが固まらない容器とは?はちみつ固まらない方法!冬の蜂蜜が固まる防止方法や冷凍庫の保管方法と固まった時の溶かし方

はちみつが固まらない方法は…

  • ハチミツが固まらない18~24℃の温度で保管する
  • 冷凍する
  • 新鮮なアカシヤ蜂蜜を購入する
  • 振動を与えない

上記のような方法があります。

こちらの記事では…

はちみつが固まらないおすすめのポットの紹介や

はちみつが固まらない方法についてくわしくまとめており

  • 蜂蜜が固まるのはなぜ?
  • 冬に固まりやすいのはなぜ?

保管方法蜂蜜が固まってしまった時の溶かし方

固まる時の戻し方

固まった時に使える裏技について

はちみつが固まるものと固まらないものの違いについてもご紹介しています。

 

お取り寄せで人気の「蜂蜜お試しセット」があるのでご紹介します!

なんと3000件を超える口コミがあり

楽天市場では高評価のお取り寄せできるハチミツが大人気♪

楽天市場AmazonYahoo!ショッピングで購入できます♪

良かったらこちらからチェックしてみてくださいね! ↓↓

 

人気のマヌカハニーも通販で購入できます。 

詳しくはこちらから  ↓↓

 

はちみつが固まらない容器とは?使い勝手がよく人気のハニーディスペンサー

ハニーディスペンサーの魅力をご紹介いたします。

ハニーディスペンサーは、はちみつを手軽に取り扱えるアイテムとして人気を集めています。まず最大の特徴は、使い勝手の良さです。一般の容器からはちみつを取り出す際、ドリップしてしまうことがよくありますが、ディスペンサーならワンプッシュで適量を出すことができ、手やテーブルがベタベタになる心配が少なくなります。

さらに、保存にも一役買っています。はちみつが空気に触れることで酸化するのを防ぐため、ディスペンサーに保管することで新鮮な状態を長持ちさせることができるのです。

デザイン性にも優れており、キッチンに置いてもオシャレなポイントとなること間違いなし。さまざまなデザインや色が展開されているので、自分の好みやキッチンの雰囲気に合わせて選ぶことができます。

まとめますと、ハニーディスペンサーは、はちみつの取り扱いを簡単にしてくれるだけでなく、保存やインテリア面でもメリットがたくさんあります。

 

下記の商品は…蓋を取れば電子レンジのもかけれて、ポットのまま湯煎することも可能!

人気の商品です!

これからはちみつを手軽に楽しむために、ハニーディスペンサーの導入を検討してみてはいかがでしょうか▼

 

はちみつが固まらない方法は?冬の蜂蜜が固まる防止方法と保存方法

蜂蜜を購入してしばらくすると「白く固まる」ことがありますよね。

固まらない方法について

温度や保存方法が重要となりますので詳しくご紹介していきます。

常温保存をする

はちみつに適している温度は約18~24℃です。

なるべく温度の変化が大きくない場所、

そして日光の当たらないところで保存するのが望ましいです。

 

温度や保存方法が大事になってくるのですが

はちみつを常に滑らかに保つためには、16度以上の場所で保存することが大切です。

ただし、この条件を維持するのは、日本の冬の気温を考えると、難しいこともあります。

特に、直射日光の影響を避けるようにしつつ、暖かい場所に置き、冬場に固まらせないようにするのはなかなか難しいかもしれません。

 

はちみつが寒くても固まらない方法や防ぐ方法としては

暖かいところに置いておけばはちみつは段々と溶けます。

裏ワザとしてポポットや炊飯器の近くに置くや、冷蔵庫の上に置いておくのもいいでしょう。

こたつも温度が一定に保たれているので方法の1つです。

しかし設定が弱だと温度が足りず時間がかかってしまうことがあるので注意して下さいね!

 

はちみつを冷凍する

実は蜂蜜は冷凍しても固まらないんです。

先ほどご紹介した通り、蜂蜜に含まれているブドウ糖が結晶化するのは約5~14℃ですから、

それよりも温度が低くくても結晶化せず固まりません。

しかし、驚くべき代案があります。それは「冷凍保存」です。

冷凍と聞くと、はちみつが固まりそうなイメージが持たれるかもしれませんが、実は逆の効果があります。

はちみつが結晶化するのは、特定の温度帯で起こりますが、5度以下の温度になると結晶化が進行しなくなります。

そのため、冷凍保存することで、はちみつを結晶化させずに保存できます。

さらに、はちみつは糖分が豊富なため、冷凍庫に入れても石のように固くなることはありません。

確かに、冷凍したはちみつは常温保存と比べて少し固くなりますが、それでもスプーンで簡単に取り出すことができます。

結晶化を嫌う方には、冷凍保存はとてもおすすめの方法と言えるでしょう。

冷蔵庫での保管方法

結晶化しやすい気温は14~16℃の範囲です。

よくある誤解として、「冷蔵庫」での保管は推奨されますが、実は「冷凍庫」での保管がオススメです。

しかし、冷凍庫での保管は、結晶化は防げるものの、はちみつが固くなりすぎてしまう点は注意が必要です。

冬でも固まらない蜂蜜アカシヤを購入する

新鮮なアカシヤの蜂蜜は固まりにくく、結晶化しにくいと言われています。

ですので新鮮なアカシヤの蜂蜜を少しずつ購入して使っていくのも1つの方法です。

アカシヤ蜜は固まりにくい特性があり、新鮮なものを選ぶとさらに結晶化しにくくなります。

また、花粉をろ過している商品は固まりにくいのですが、花粉には栄養価が高いので、その点も考慮するとよいでしょう。

 

振動を与えない

はちみつの中にある気泡に振動を与えてしまうと固まる原因の1つになります。

はちみつは振動を感知すると結晶化しやすくなる特性があります。

そのため、冷蔵庫や給湯器の上といった振動のある場所には置かないように心掛けると良いです。

最もおすすめなのは、室内で高い位置にある食器棚や吊り棚です。

これは、暖かい空気が上に集まるため、そのような場所が最も暖かく、結晶化を遅らせるのに適しています。

直射日光やエアコン、ストーブの直接の影響を受ける場所は避けるのがベストです。

 

蜂蜜は、楽天市場AmazonYahoo!ショッピングでお取り寄せすることも出来ます。

いろんな味の詰め合わせセットもあるので

毎朝パンに塗ったりと毎日楽しめますね。

 

はちみつの溶かし方は?固まる時の戻し方や溶かす方法をご紹介!

蜂蜜が固まって知って困る時がありますよね。

「固まったらどうしたら良いの?」そんな時の対処法をまとめてみましたので参考にして頂けると嬉しいです。

湯煎で溶かす・容器に注意する

小皿&お鍋で湯煎!所要時間は約30分。

はちみつの容器がプラスチックの容器だと湯煎したときに溶けないか心配ですよね。

そのまま鍋に入れてしまうと溶けてしまう可能性があります。

鍋底に小皿を敷いてその上にはプラスチック容器に入ったはちみつを入れるといいですよ!

しかしお湯が高温だとせっかくの酵素や栄養素が死んでしまいます。

弱火~中火で約30分ゆっくりと湯煎する必要があります。

 

電子レンジで溶かす

電子レンジでチン!所要時間は1~2分。

プラスチック容器や瓶の蜂蜜を500Wで1~2分電子レンジでチンするだけです!

急激に高温になるため様子を見ながら慎重にやる必要があります。

しかし湯煎よりも短時間で手軽に出来るのがいいポイントです。

 

ホッカイロで溶かす

ホッカイロ&タオルでポカポカ!所要時間は12時間~1日。

はちみつのボトルにタオルを巻いて、その上からホッカイロを当てます。

それを更にタオルで巻いて12時間~1日放置しておくとはちみつが柔らかくなります。

火を使わないので安心安全な方法です。

 

お風呂に入れて溶かす

お風呂に入れるだけ!所要時間は1~5時間。

はちみつに水が入らないようにジップロックやビニール袋に入れます。

湯船に入れて1~5時間放置します。

はちみつを溶かすのに最適な40℃でゆっくりと温めることが出来るので、

ムラなく綺麗に溶かすことが出来ます!

 

暖房器具で溶かす

ペット用の暖房器具、電気毛布、電気アンカ

ペット用の暖房器具はヤケド防止のため40℃程度に温度が保たれる機能があるそうです。

他にも電気毛布や電気アンカを使用する方法もあるみたいですよ。

 

固まる蜂蜜と固まらないはちみつの違いは?

その違いはブドウ糖の量になります。

固まりにくいのはアカシヤ、固まりやすいのは菜の花。

これまではちみつと温度についてお話ししました。

最初にお話しした通り、はちみつが固まるのには『結晶化』が大きく関係しています。

結晶化に関係してくるのがブドウ糖です。

ブドウ糖が結晶化すると少し白っぽく、そして食感にジャリっというのを感じます。

結晶化には今まで紹介した温度も関係していますが、

そもそもはちみつに含まれているブドウ糖の量が多いと結晶化しやすくなってきます。

そのブドウ糖ははちみつが取れる植物の種類によって違ってきます。

 

固まりにくいはちみつ

  • アカシヤ(淡い香りと色、クセが少ない)
  • トチ(独特な強い香り)

固まりやすいはちみつ

  • 菜の花
  • ソバ
  • レンゲ(綺麗なはちみつ色、上品でまろやかな味)

どちらでもないはちみつ

  • リンゴ
  • マヌカハニー

アカシヤ、トチ、栗などから出来ているはちみつは固まりにくいと言われています。

一方で菜の花、ソバ、レンゲなどから出来ているはちみつは固まりやすいと言われています。

どちらでもないはちみつの代表はリンゴ、マヌカハニーが挙げられます。

これらはあくまでも目安です!

前述した気温、振動、保存期間の環境でまた変化してきます。

皆さんのはちみつ選びの参考になれば嬉しいです。

 

蜂蜜が固まってしまう理由は?冬に固まる原因について

はちみつが冬に固まる理由をお伝えします。

はちみつにはブドウ糖という成分が多く、約40%もの割合で含まれています。

このブドウ糖が、特定の気温帯である5~14℃の範囲で結晶化する性質を持っているため、はちみつが白っぽくジャリジャリした食感に変わってしまうのです。

そして、この結晶化が進行すると、もともと液状だったはちみつが徐々に固体へと変わっていきます。

冬の時期には、特に室内の温度が下がるため、はちみつが固まりやすくなります。

たとえ常温で保存していても、冬の寒さで室内の気温が5~14℃になることもあるのです。

このような理由から、冬場ははちみつが固まってしまう現象が起こるわけです。

保管に関してのアドバイスとして、暖かさを保てる場所、例えば料理をする際に火を使うキッチンなどがおすすめです。

このような場所での保存は、はちみつが固まるのを遅らせる助けとなります。

 

お取り寄せで人気の「蜂蜜お試しセット」があるのでご紹介します!

なんと3000件を超える口コミがあり

楽天市場では高評価のお取り寄せできるハチミツが大人気♪

楽天市場AmazonYahoo!ショッピングで購入できます♪

良かったらこちらからチェックしてみてくださいね! ↓↓

 

人気のマヌカハニーも通販で購入できます。 

詳しくはこちらから  ↓↓

 

当サイト「彩りボード」は、お得な情報をお届けするメディアです。

良かったら他の記事も覗いてみてくださいね。

彩りボード記事一覧へ

© 2024 彩りボード Powered by AFFINGER5