当サイトはプロモーションを含みます

お菓子

パリコレグミはドンキ・amazon・楽天に売ってる場所は?どこに売ってる?販売中止理由は?再販予定はある?手作りの作り方

パリコレグミはamazon・ドンキに売ってる?ですが

現在販売されていません。(2023年2月)

こちらの記事では…

パリコレグミの再販予定はあるのか?についてお調べしており

販売停止中止の詳しい内容

リコレグミをお家で作ろう!作り方レシピのご紹介をしております。

パリコレグミと似ている話題のお菓子「グミッツェル」や「琥珀糖」のご紹介もしています。

パリコレグミと似てると話題の商品をご紹介します。

グミッツェルも人気のある商品で公式サイトで売り切れていることが多い商品です。

楽天・Amazon・yahoo!ショッピングやQoo10からでも購入可能なので

覗いてみてくださいね▼

>>Qoo10はこちらから

パリコレグミはドンキ・amazon・楽天に売ってる場所は?どこに売ってる?再販予定はある?

2023年の時点で、あの人気だった「パリコレグミ」が手に入らないことをご存知でしたか?私も先日、急にその味が恋しくなって探し回ったのですが、スーパーやコンビニ、さらにはドンキホーテなどの店舗での取り扱いはもちろん、Amazonや楽天などの大手通販サイトでも見当たりませんでした。

再販の可能性についても、現時点では予定が立っていないという情報が出ています。特にカンロ株式会社の公式Twitterでも、ファンからの再販希望に対して「現在のところ再販の予定はない」という回答をしているのが確認できます。

ご希望に添えず大変申し訳ございませんが、いまのところパリコレの再販の予定はございません😔

 

引用元:カンロPR公式Twitterより

ただ、このパリコレグミが2015年に生産を終了してからも、多くの方が「また食べたい!」という声を上げています。Twitterを見ても、再販を強く望む声や、懐かしむコメントが絶えません。私自身もその一人として、カンロさんにはぜひとも再販を検討していただきたいと心から思います。

これだけの熱望がある中、企業としての再販の判断は難しいかもしれませんが、ファンとしては再びその味を楽しめる日を待ち望んでいます。もし再販が決まったら、それは多くの人にとっての嬉しいニュースになることでしょう。皆さんも、再販を願う声を上げて、一緒に待ち続けましょう。私たちの声が、再販のきっかけとなるかもしれませんね。

 

パリコレグミ販売中止理由は?製造中止はなぜ?

2015年から2016年にかけて販売されていた「パリコレグミ」を皆さん覚えていますか?あの独特でクセになる新食感のグミは、多くの人たちに愛されていました。しかし、なんと一年程度で突如として販売が停止されました。

その理由について調べてみたところ、実はパリコレグミがあまりにも人気で、生産が追いつかない状況が生じたようです。

新しい食感を低価格で大量に供給するのは、製造上の困難があったのかもしれません。

生産する過程での難しさや課題があったのか、具体的な部分は明らかではありませんが、私たち消費者としては、再びその味を求めることができなくなったのは残念ですよね。

しかし、カンロ株式会社はその後も私たちの期待を裏切ることなく、パリコレグミに似た食感の商品を新たにリリースしました。

これは、多くのファンからの要望に答えてのことなのかもしれませんね。

私もその新商品を試してみましたが、かつてのパリコレグミの味を彷彿とさせるものがありました。

今後も、消費者の声を大切にし、様々な美味しい商品を発売してくれることを期待しています。

パリコレグミの手作りの作り方レシピ

「パリコレ グミ」は再販の予定がないため、がっかりしている方もいるかと思いますが、おうちで独特なあの食感のパリコレグミを再現できます!

パリコレグミ再現レシピをご紹介しますので、おうちで作ってみたい方は参考にしてみてください。

用意する材料は以下の3つです。

  • グラニュー糖
  • お好みのグミ(砂糖のまぶしてあるもの)

【作り方】

①鍋にグラニュー糖と水を4:1の割合で入れます。

②よく混ぜながら火にかけます。

③水が沸いて黄色くなってきたら、グミを1つずつグラニュー糖液にくぐらせます。

④クッキングシートの上に置いて常温で乾燥させると完成です。

【ポイント】

グミは必ず砂糖のまぶしてあるものを使用してください。

砂糖のまぶしてないグミを使うとグラニュー糖液にくぐらせたときにグミが溶けてしまう可能性があります。

グラニュー糖液を作る際は十分に沸騰させて、粘度の高い液を作ると上手く作れますよ。

ちなみにグラニュー糖液は電子レンジを利用して作ることもできます。

電子レンジを使う場合は、600wで1分半を目安に加熱します。

完成すると乾いたグラニュー糖液がパリパリになってパリコレグミのような食感になります。

パリコレグミとグミッツェルが似てるお菓子はどれ?

パリコレグミがどうしても食べたくてカンロ株式会社のお客様フォームから問い合わせてみると「パリコレにつきましては、いまのところ再販売の予定はございません。」との回答でした。

さらにパリコレと似た商品について「パリコレ同様に外はパリパリ、中もっちりの食感が特徴の『グミッツェル』という商品がございます。」と「グミッツェル」という類似商品を紹介してくれました。

パリコレに似ている商品についてカンロ公式よりおすすめされた「グミッツェル」とほかにも食感の似ているお菓子として琥珀糖についてご紹介します。

グミッツェル

カンロ株式会社から発売されている「グミッツェル」はパリコレグミの製造方法を活かして作られています。

そのためパリコレグミと「外パリッ、中もっちり」な食感が似ています。

パリコレに比べるとグミッツェルは高級な商品として販売されており、お土産やギフトとしても人気です。

カンロ公式がおすすめしているように、パリコレグミが好きな方でも満足できる商品です。

グミッツェルを取り扱っている販売店はカンロの直営店「ヒトツブカンロ」のみのため、店舗が東京駅と新宿しかありません。

遠方にお住まいの方は公式のオンラインショップで購入できます。

カンロ公式通販サイト

楽天・Amazonなどで購入可能です。

詳しくはコチラのページをCHECK!

12個入り3000円送料込みで最安値

>>Amazonで見る

その他のおすすめは

12個入り3980円送料込みが人気▼

>>楽天市場で見る

>>Yahoo!ショッピングで見る

琥珀糖

琥珀糖は「食べる宝石」と言われるまるで宝石のような美しい寒天を使って作られた和菓子です。

外はシャリシャリとしていて、中は寒天の柔らかな食感が独特で人気です。

外がパリッとしたパリコレの食感と少し違う点もありますが、独特な2つの食感が楽しめるところがパリコレグミに似ています。

琥珀糖は和菓子屋さんやスーパー、コンビニでも購入できる店舗があります▼

当サイト「彩りボード」は、お得な情報をお届けするメディアです。

良かったら他の記事も覗いてみてくださいね。

彩りボード記事一覧へ

© 2024 彩りボード Powered by AFFINGER5