当サイトはプロモーションを含みます

旅行

新幹線の座席のおすすめ一人の場合は?おすすめは何号車?隣に座られたくない時やグリーン車は1人席と自由席の女性専用車両も!

新幹線の座席のおすすめ一人の場合は?

通路側の座席は、トイレに行く人や喫煙者にとって便利な席です。

そして、窓側の席は眺めを楽しみたい方やコンセントを使用したい方におすすめです。

 

こちらの記事では…

新幹線の座席のおすすめ一人の場合について詳しく解説しており

新幹線の座席のおすすめは何号車?や

隣に座られたくない時の対処法はある?についてや

グリーン車は1人席はある?や

男性は女性に通路側に譲る方が良い?こちらのお調べしており

新幹線の自由席は女性専用車両はある?についてもまとめています。

 

購入したらJRのチケットが自宅に届くので

便利だと人気です▼

・JR新幹線・特急のチケットを自宅にお届け!【NAVITIME Travel】

 

新幹線の座席のおすすめ一人の場合は?

一人で新幹線に乗る際、どの席が良いかについて、主に東海道新幹線の2席と3席の配列を例に挙げて説明します。

多くの方は、一人で新幹線に乗る際、基本的に窓側か通路側の席を選ぶ傾向にあります。特に、真ん中のB席は、特別な事情がない限り避けられることが多いです。

窓側の座席(A席とE席)は、コンセントが利用できるため、仕事でパソコンを使う方には便利です。ただし、隣に他の乗客がいる場合、トイレに行きたい時や通路に出たい時に不便を感じることがあります。特に3席側のA席では、B席とC席の乗客に断りを入れて通路に出る必要があるため、頻繁に席を立つ予定がある方には向いていないかもしれません。

一方、通路側の座席(C席とD席)は、トイレに行く人や喫煙者にとって便利です。車内販売も気兼ねなく利用できます。しかし、通路側だと他の乗客や乗務員が頻繁に通るため、これが気になる方にはストレスになることもあります。

結論としては、窓側の席は眺めを楽しみたい方やコンセントを使用したい方に適していますが、頻繁に席を立つ方には不便を感じる可能性があります。通路側の席は頻繁に席を立つ方に適していますが、人の往来が気になる方にはストレスの原因になり得ます。自分の旅行のスタイルやニーズに合わせて、窓側と通路側のどちらかを選ぶと良いでしょう。

 

おすすめの旅行会社一覧です。

下記のサイトは

JRとセットになってるプランがあるのでおすすめです▼

 

新幹線の座席のおすすめは何号車?

新幹線でのおすすめ座席選びについて、窓側や通路側以外の観点からアドバイスします。

まず、指定席は通常7号車から埋まり始める傾向にあるため、窓側の指定だけではホームの端の16号車になることもあります。そのため、チケット購入時には号車も考慮すると良いでしょう。

新幹線の多目的室は、小さな子ども連れや身体の不自由な方に便利な施設です。東海道新幹線では11号車に位置し、オムツ替えや授乳などに利用可能ですが、使用するには車掌への確認が必要です。また、11号車の12、13番は車いす対応座席で、特にC席が1席分空いて車いすを固定できます。

車両内では、出入り口付近と中央部で大きな違いがあります。出入り口付近はドアの開閉で騒がしいので、静かに過ごしたい方は中央部の座席が適しています。一方、頻繁に席を立つ方や小さな子ども連れの方は、出入り口付近が便利です。

車内の最前列は駅到着時の行き来が多いため、避けたい方もいますが、広いスペースや大きなテーブルを持つメリットもあります。

喫煙者は、デッキにある喫煙ルームを利用します。東海道・山陽新幹線では、3号車と15号車の博多寄り、7号車と10号車の東京寄りに設置されています。喫煙ルーム付近の座席は、たばこのにおいが苦手な方は避けた方が良いでしょう。

また、全ての号車にトイレがあるわけではないので、座席配置や車内設備については事前にJR各社のホームページで確認することをおすすめします。

 

新幹線で隣に座られたくない時の対処法はある?

新幹線で一人旅をする際、隣に誰も座らないようにする方法についての情報をまとめます。まず、完璧に隣に誰も座らせない方法は、2席分を購入することです。しかし、これには問題があります。1枚の乗車券につき購入できる特急券は1枚のみで、複数枚を購入しても2枚目以降は無効になります。また、1人で複数枚の特急券を持っていても、2枚目以降は使えませんし、返金もありません。

自由席では、隣の席に荷物を置く人もいますが、これは他の乗客を座らせたくないための行動と言えます。しかし、自由席で2席を占有する行為は、他の乗客にとって迷惑となる可能性があります。

3人掛けの座席の場合、真ん中の席は避け、無難に窓側を選ぶのが良いでしょう。ただし、確実に隣に人が座らないようにすることは難しいです。他の乗客に配慮し、座席を共有する心構えが重要です。また、混雑を避けたい場合は、空いている時間帯や列車を選ぶのも一つの方法です。

 

新幹線のグリーン車は1人席はある?

JR東海が新たなサービスを提供することになったのはご存知ですか?

そのサービスは、インターネット予約システムを利用する個人会員及び一部の法人会員向けに、東海道新幹線「のぞみ」のグリーン車において、1人で隣の席も含めた2席を確保できる特別商品「EXグリーンプラスワン」を期間限定で発売します。

このサービスは、座席を広く使いたいという顧客の声に応えるために考案されたそうでsy。

この「EXグリーンプラスワン」は、2022年4月8日から6月30日までの期間(大型連休を除く)に利用可能で、乗車日の2日前から列車発車時刻の4分前まで購入できます。ただし、隣席が空いている場合に限り利用でき、ICカードを使った乗車が必要です。

料金については、東京・品川から名古屋まで1万8140円、京都まで2万3320円、新大阪まで2万3860円と設定されています。これは、2席を通常の料金で購入するよりも大幅に安い価格です。JR東海はこの新サービスの利用状況を見て、本格的な導入を検討するとしています。この新しい取り組みは、一人の旅行者がより快適に新幹線を利用できるようにするものだそうです。

2024年の情報は出ていないので解らないですが、2人分の席予約できるのは嬉しいですね。

 

新幹線で女性が通路側に譲る方が良い?

指定席で隣同士に座ることを前提に、女性にどちらの席を譲るかについては、いくつかの意見があります。

長時間の移動の場合、通路側の席を女性に譲ることが好ましいと考える人がいます。これは、トイレへのアクセスが容易であるためです。

一方で、比較的短い時間の移動であれば、窓側の席を女性に譲ると喜ばれることが多いです。窓側からの景色を楽しむことができるからです。

 

ただし、女性の好みは人それぞれであり、窓側と通路側に対して特にこだわりがない場合もあるため、どちらが良いか直接尋ねるのも良い方法です。

最終的には、女性の意見や好みに配慮しながら席を選ぶことが重要です。

エスコートとしての配慮を示すためにも、女性に選択肢を提供し、その方が最も快適に感じる席を選べるようにするのが良いでしょう。

 

新幹線の自由席は女性専用車両はある?

新幹線における女性専用車両や席に関しては、現在のところ設定されていないため、指定席を予約した場合、隣に男性が座る可能性があります。女性がどうしても隣に男性が座ることを避けたい場合は、自由席を選んで女性の隣に座ることが一つの解決策となります。

ただし、自由席では座席が保証されない点に注意が必要です。

 

また、グリーン車の座席は隣席と完全に分離されているため、隣に男性が座ったとしても身体が触れ合うことはありません。

この点はプライバシーが保たれるため、快適に過ごしたい女性にとっては安心できる選択肢となるでしょう。

仮に指定席で隣に男性が座り、不快な行動を取られた場合は、車掌にいうと対応してもらえます。

このように、新幹線内での安全や快適さは乗務員によって支えられており、困ったことがあれば積極的に相談することが大切です。

 

おすすめの旅行会社一覧です。

下記のサイトは

JRとセットになってるプランがあるのでおすすめです▼

 

 

© 2024 彩りボード Powered by AFFINGER5